2007年09月05日

紫外線の時期

紫外線量が年間を通して増えてくるのは4 月から9 月といわれています。

1 日のうちでは午前10 時から午後2 時が紫外線量が多いです。
外で過ごすのが楽しくなる時期だからこそ、自分に合った紫外線対策を準備しておいたほうがいいでしょう。

自分に合った紫外線対策とスキンケアを実践することが大切です。
紫外線対策は肌タイプによって必要度が違ってきます。
一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえます。
あなたの肌はどちらのタイプかを理解しておくことが大事です。
どちらのタイプだとしても紫外線対策は必要ですが、自分に合った紫外線対策を理解しておくことで、より良い紫外線対策をおこなうことができるようになります。
続きを読む
posted by おっかー at 00:07| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

紫外線の影響

紫外線の影響と対策について正しくつかんでいますか?
あたたかい陽気になり、薄着で過ごせるようになってくると、
気になるのが紫外線です。


紫外線は肌に良くないとは知っていても、放っておけば元に戻る、または肌が黒いほうがいいから対策はいらない、という方も多いのではないでしょうか。


紫外線は肌を黒くするだけではありません。
ダメージを蓄積することで、皮膚の老化や皮膚がん、白内障などの病気につながります。


紫外線を防ぐことは、健康の面からもとても大切なことなのです。
色が黒いほうが健康的に見られるということで、日焼けを日常的に
おこなっている人もいますが、後々のことを考えると非常に危険な行為となる可能性があります。
続きを読む
posted by おっかー at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紫外線対策−焼けてしまったら

紫外線を長時間浴びてしまい、焼けてしまったらまず冷やすことをおぼえておいて下さい。
肌が赤くなるほど日焼けをしてしまった場合、アイスノンや冷タオルなどを肌に当て、ほてりをしずめます。

その日の入浴やお酒は控えることも大事です。色素沈着を防ぐ効果
があるビタミンC を摂取するのもおすすめです。

紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを防ぐ服装を心がけることも大事です。
日焼けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので肌の露出を少なくしましょう。
紫外線カット効果があるものは、白い生地よりも色のついたものが良いです。
帽子の場合は、全体につばのあるものが良いでしょう。
日傘を低めに差すのも有効です。
続きを読む
posted by おっかー at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

紫外線対策−日焼け止め2

紫外線防止に役立つ日焼け止めですが、SPF やPA という単語の意味を理解していない人、結構いるのではないでしょうか。

自分に合った日焼け止めを選ぶことができるように、
SPF やPA の意味を解説しておきたいと思います。

SPF はSun Protection Factor という意味で、UV-B をカットする効果のことを言います。
SPF1 で、20 分効果が持続することを表し、数値が上がるごとに持続時間が長くなります。

PAはProtection Grade of UVA という意味で、UV-Aをカットする効果のことを言います。
PA+から+++の3 段階で、+が多いほど効果が高くなります。
紫外線吸収剤という成分があります。これは紫外線を吸収数成分のことを言います。カット効果は高いものの、有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。

また紫外線散乱剤という成分は、微粒子によって紫外線を散乱させる成分です。
続きを読む
posted by おっかー at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

紫外線対策−日焼け止め1

紫外線を防ぐには日焼け止めを使用することが大切です。
また日焼け止めを使い分けることは、更に大切になっています。

SPF やPA などの数値は、必ずしも高いほうがいいわけではありません。使用シーンや肌に合ったものを選びましょう。

一般的に子供はSPF10から20、PA はPA+からPA++が適しています。
大人は日常はSPF20 から30 程度、アウトドア時はSPF40 から50 でPA はPA+++が良いとされています。

紫外線対策として日焼け止めを重ね塗りをする人が多いと思います。SPF20 の日焼け止めの上にSPF15 のファンデーションを重ねても、SPF35 の効果は得られません。
しかし単純な足し算はできないものの、日焼け止め化粧品は単品で使うよりも重ねて使った方が紫外線防止効果が高まります。
続きを読む
posted by おっかー at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

紫外線とシミ

紫外線は肌の老化を促進します。
日焼けを繰り返すことで、メラノサイト(色素細胞)の一部に異常が生じ、紫外線に当たらなくてもメラニンを作り続けるようになってしまいます。

これが「しみ」です。しみの原因には、紫外線のほかに、生まれつきのもの、女性特有のホルモンバランスなどがありますが、紫外線は、ほかの2つの原因でできるしみを悪化させるということが分かっています。
続きを読む
posted by おっかー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

紫外線による病気

紫外線は一日中室内にいたとしても油断は出来ません。
日焼けをするのは灼熱の太陽の下とは限らないからです。
紫外線は、雲やガラス窓を通過し、室内に降り注いでいます。


また曇りの日も晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があると言われています。
紫外線を浴び続けることは若い人だからといっていいことはありません。
若い人の方が、皮膚に回復力があるのは事実です。しかし、紫外線のダメージは蓄積して、将来の肌に影響を及ぼします。
あとで後悔しないために、紫外線を防ぎながらファッションを楽しみましょう。
小麦色の肌にあこがれることもあると思いますが、何ごともやりすぎはいけません。
続きを読む
posted by おっかー at 13:40| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

紫外線による病気

紫外線は一日中室内にいたとしても油断は出来ません。
日焼けをするのは灼熱の太陽の下とは限らないからです。
紫外線は、雲やガラス窓を通過し、室内に降り注いでいます。


また曇りの日も晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があると言われています。
紫外線を浴び続けることは若い人だからといっていいことはありません。
若い人の方が、皮膚に回復力があるのは事実です。しかし、紫外線のダメージは蓄積して、将来の肌に影響を及ぼします。
あとで後悔しないために、紫外線を防ぎながらファッションを楽しみましょう。
小麦色の肌にあこがれることもあると思いますが、何ごともやりすぎはいけません。
続きを読む
posted by おっかー at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

紫外線の影響

紫外線は対策が必要な理由があります。
紫外線には見えない影響があるからです。

紫外線の影響と一口でいっても症状はさまざまです。
水着のあとのように目に見えるものもあれば、気づかないうちに蓄積され何年も経ってから現れる症状もあります。
そうした影響について知っておくことが、紫外線対策の第一歩です。
紫外線は部屋の中にも届きます。
私たちが浴びている紫外線には、作用の違う2 種類があります。
このうちUV-A(長波長)は雲やガラスを通過して地表に届くため、室内にいるときやドライブ中でも浴びていることになります。
UV-A は蓄積して肌の老化の原因となるほか、UV-B(中波長)の作用を助長するともいわれています。続きを読む
posted by おっかー at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

紫外線の量

紫外線が目に見える形で身体に現れる、最も多い形は日焼けです。
日焼けのあとが消えても、紫外線のダメージは確実に残っています。

紫外線の影響には、肌が赤くなる、ほてるなどの「急性」の症状と、しみやしわができる、表皮が厚くなる、さらには皮膚がんになるなど、今まで浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こる「慢性」の症状があります。

紫外線は「急性」の症状と、「慢性」の症状とに分けられますが、「急性」の症状ものちのちに身体に影響を及ぼすことがあります。「急性」の症状は何日かすると元通りになりますが、紫外線ダメージは残り、10 年後、20 年後の肌に影響を及ぼします。
続きを読む
posted by おっかー at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。